読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バターと卵とときどき自転車

絶景と美味しものを愛している、バターです。 当ブログはしばし冬眠か、永眠します。 こんな駄ブログでも閲覧していただきありがとうございました(^^)/~~~

夢のグループライド 西伊豆スカイライン 黄金岬〜戸田峠 のはずが...?

先月行った西伊豆スカイライン

今度はグループライドでと密かに夢を見ていた私ですが、こんなにも早く実現するとはもう嬉しい気持ちで一杯でした。

前日に着ていくウェアの準備、持っていく物をまとめ、ルートもしっかりガーミンに、カメラの充電もしこれで完璧!

さぁ行くぞ!西伊豆グループライド!!(*´ω`*)

 

駅に着いたは良いが

 

いつも通り、30分ほどの余裕を見込んだ時間に起き我ながら朝は完璧だなと自分で自分を褒めつつ出発しました。

あれ?何か忘れている気がすると出発の時点から何となく感じてはいたんです。

感じてはいたんですが、最近買ったラファジレはちゃんと着てるし、ボトルもある。輪行袋もあるし完璧

忘れ物なんてないないと自分に言い聞かせながら進みました。

そして自宅から15分程度走ってから気付きました。

 

カ・メ・ラが

 

ない!!!!?

 

ポケットの中も探し、まさかビブショーツの間に!!?何てこともなく

 

自宅に忘れました...

私の旅の一番の相棒といっても差し支えないRX100を忘れた私は魂が抜けきった殻となって西伊豆の地に立ちました。

 

西伊豆ぐるーぷらいどすたーと

この日は私がルート案内をする役目を担っていて、初めてのことにどきどきです。

輪行組は函南スタート、トランポ組は修善寺の駐車場で待ち合わせとなっていました。

無事、輪行組はそろったのですたーとです。

 

写真?んなもんねーですよ。

 

相変わらず狩野川CRを通って、修善寺を目指します。

トランポ組は大分早く到着されていたようで、若干お待たせしてしまいましたが

今回の全員集合地点である修善寺近くのサークルKに到着しました。

今回ご一緒してくださる

毎度激坂に挑む際にはおなじみの

コーラさん

Yakiそばパンさん

ロングライドといえばこの方たちの

しんぱちさん

キルハさんです。

 

写真?んなもん(ry

挨拶もそこそこに済ませ、出発します。

 

やっぱりグループライドはいいね! 西伊豆最高!!

やっぱり、グループライドのだいご味はみんなとゆっくり喋りながら登れることですね。

ワイワイ喋りながら登るのは本当に楽しい。

ソロでは味わえない楽しさが本当に好きで、やっぱり自転車っていいなぁと本当に思います。

バイクや車では味わえないこの雰囲気がとても好きです。

そしてYakiそばパンさんが撮ってくれた写真たちを強奪拝借させて頂きました。

走っている最中の自分を見る機会ってないのでとても新鮮で楽しいです。

f:id:buttercycle:20161212221908j:plain

ここが戸田峠の最初のほうらへんですねぇ。みんなでお喋りして楽しかった

f:id:buttercycle:20161212221945j:plain

西伊豆スカイラインらへんですねぇ。いやー絶景でした。

f:id:buttercycle:20161212222056j:plain

この写真景色を共有している感があって好きです。

Yakiそばパンさんありがとうございます(*´ω`*)

f:id:buttercycle:20161212222426j:plain

黄金崎のランチが閉まる時間が2時頃で到着したのが、1時半で

コーラさん「もし間に合わなかったら下って来た場所戻って牧場でごはんとかなったら暴動ものだね♪」ってコーラさんと喋ってたら、思いのほか時間が無くなって、本当に仁科峠登り返したのは今でも思い出すとふふってなってしまいますw

仁科峠は黄金崎から登るとこんな標識が大量に出てくるとかバラモスゾンビが沸いてきたかと思いました。

本当にクソ峠

しかもコーラさんはいつものこととして、Yakiそばパンさんのコーラさん化が止まらない。

私はゼーハーいっているのに、余裕しゃくしゃくと登っているのをみてこいつもうサイダーだと思いました。

f:id:buttercycle:20161212225849j:plain

この写真ラファっぽい?

ラファっぽいでしょー(*´ω`*)

f:id:buttercycle:20161212223435j:plain

結局帰りは暗闇の中をダウンヒルすることになってしまい、しかも私の前後ライトが電池切れという恐ろしい状況にキルハさんから予備のライトをお借りさせて頂きました。

しかもブラケットにちゃんと刺さっていなかったみたいで、途中でライトを落としてしまった私に、

キルハさん「気にしなくていい。壊れてなければ問題ないから気にしないで^^」

と何度も私に言ってくださり、娘がいたら永遠とキルハさんの格好良さを説き、キルハさん家に嫁にいくんだ絶対と洗脳していた事でしょう。

こういう優しい人だから周りに人が集まるんだろうなと思いました。

 

今回はカメラを忘れ魂欠落、クソみたいなナビゲーションおよび行き当たりばったりなライドにお付き合いして頂いた皆様本当にありがとうございました。

また、これに懲りないでご一緒していただけるととても嬉しいです。

 


ポチッとしていただけると今日一日頑張れます!! ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村